先日の日曜日に開催した体験学習会で入会してくれた新そろばんたちが早速今週から練習を始めました。

月曜に続いて火曜と木曜にも新メンバーが合流しています。そして4月から始める新そろばん生もいますので、各クラスでも少しずつ雰囲気が変わってくるでしょう。また現そろばん生達からはスケジュールの変更希望を頂戴しておりますので、各コマの空き具合等改めて近日中にご案内いたします。

それと一昨日に

「春休み中の授業予定について」
「4月から月8回コースキャンペーン」

を皆様のご家庭に郵送しました。

早速今日の授業から、春休みの出席希望日のご提出をいただきましてありがとうございます。

そしてキャンペーンのお申し込みもいただきありがとうございます

 

◆3月・4月の予定

(3月)
3日(日)そろばん体験学習会→無事終了
21日(木)祝日のためお休み。→振替をお願いします
25日(月)珠算・暗算検定→18日〆切
26日(火)春休み期間の授業時間割開始(4月3日まで)
28日(木)読上算検定→21日〆切
30日(土)授業お休み

(4月)
3日(水)春休み期間の授業時間割終了
4日(木)授業お休み→振替をお願いします
6日(土)通常時間割再開
22日(月)珠算・暗算検定→15日〆切
25日(木)読上げ暗算検定→18日〆切

春休み期間中(3/26~4/3)は通常時間割とは異なる授業実施となりますので、ご出席に際しては希望日を予めお伝えいただく形式とさせていただきました。

春休み中の時間割は

①14:30~15:30
②15:30~16:30
③16:30~17:30
④17:30~18:30

の4コマです。ご出席の場合は上記時間帯の中からご都合のつく時間をお選びください。

 

◆暗算大事・その2

先週から暗算練習を強化しておりますが、授業での様子がちょっとずつではありますが変化してきたような気がします。

今回暗算練習を強化し始めた理由の一つには、

見取算の技術向上

があります。なかなか見取算の成績が安定しない場合、

1.繰り上がり・繰り下がりなどの基本技術が不安定である場合
2.基本技術の一つ一つは身についているけれども、それを連続してできない

に概ね大別できます(今の生徒達においては)。

1についてはまず基本技術を身につけないといけません。

見取算が苦手な多くの生徒は概ね2に当てはまっています。基本技術個々についてはできているものの、それを連続するとミスが発生してしまいます。

これを克服するために、

珠のイメージをしっかり持たないとスラスラできない暗算

を強化することが効果的です。

むしろ、珠算をしっかりと練習した先には暗算がある

といってもいいでしょう。

前回も触れましたが、暗算能力は他の能力にもプラスの波及効果をもたらします。

「集中力、記憶力、洞察力、そしてパターン認識力」

そろばん授業外では塾の授業も担当していますが、

そろばん生と非そろばん生の違いが少しずつ感じられるようになりました。

それは

パターン認識力

算数などで「例題」を説明したあと、類題をやってみるとその差はハッキリと現れます。

そろばん生「あ、結局同じじゃん」

そろばん生「例題と違うじゃん」

*非そろばん生とは、そろばんのような訓練をされていない子

例題と違う、のは数字やちょっとした文言だけで中身は一緒。

算数に限らず、勉強が苦手な子は

「数字や問題文が変わっただけで全く新しい問題と感じてしまう」

ことが間々あり、一般化・パターン化ができないことがボトルネックとなっているようです。

せっかく練習しているそろばんから、暗算力を鍛えて他の力にプラスの効果がはたらくよう、来週もせっせと暗算暗算と子供たちに働きかけてまいります。