先週は子供たちに動画を見てもらって少し刺激を加えてみました。鷺宮地区はそろばんレベルが高く、各地で開催されている珠算大会で上位入賞者もたくさんいます。そろそろひのき生も外部の大会に参加・出場できるよう、子どもたちにも外の世界を少しずつ紹介していこうと考えた次第です(ちなみに中野区では、中野区珠算競技大会が開催されています)。

◆来週の予定

5月検定申込〆切
全国小学生テスト受験票の配布
3月検定合格証配布(先週から継続)

*全国統一小学生テストのひのき鷺の宮教室でのお申し込みは5/19(土)で締め切りました。

【小学生テストについて】

全国小学生テストの事前対策授業を5月27日(日)に開催します。対象は小1生から小3生まで、小4生以上の受験生には対策用のプリントをお渡ししますのでご希望の方はお声がけくさだい。

各学年の勉強会時間(時間順)は以下の通りです。

9:00~9:40    小2
10:00~10:40  小3
11:00~11:40  小1

今回は保護者の方の付き添いも可能ですので、是非一緒にご参加ください。

◆ そろばん大会・競技会について

先週はそろばん全国大会や関東オープンの様子を見てもらいました

(全日本珠算選手権大会・前編)
https://www.youtube.com/watch?v=uRQ8eMr9BWw

(2010年関東珠算フェスティバル)
https://www.youtube.com/watch?v=oOx5IaK_xE0

ついでに、今週火曜には次の動画を見てもらいました。
(ミライ☆モンスター 2017年8月13日放送分)
https://www.youtube.com/watch?v=OM4lWG7F__g
石戸珠算学園我孫子教室在籍の4年生の男の子です。珠算10段の強者((◎_◎;)
ちなみに我孫子教室には研修の一環としてわたしも通っておりました。ここの先生は暗算「世界2位」だそうです・・・。

計算機やコンピューターが普及してからは算盤は実用としての価値はなくなり、それとともに珠算教育の価値も低下していきました。しかし、昨今は特に低年齢の子どもたちにとっての「能力開発」の方法として見直され、全国で珠算人口も増加に転じています。
また海外では日本の珠算に価値を見出し、小学校の授業などに取り入られるようになりました。→イシド式まとめ   http://matome.ishido-soroban.com/Id3fa8d2

こうしたなか、日々の練習で鍛えた能力(珠算・暗算の技術はもちろん、練習に耐えうる集中力・忍耐力、そして自分への自信も含めて)を他の珠算生とともに切磋琢磨して競争する場もたくさんできて、その最高峰なのが8月に行われる全日本珠算選手権大会です。

そろばん教育の価値が見直され特に低学年生のそろばん人口が多くなっている中、普段の練習で磨いているそろばん技術を他流試合で試してみる機会があれば子供たちにとってもっと大きな刺激になるだろうと、毎回授業をしながらわたし自身も考えるようになりました。

とはいってもすぐに大会出場とはいかないのですが、まずは毎月の検定合格に向けて一層技術を磨き、そして年2回(7月と2月)ひのきも参加している「ソロバンコンクール」で腕を試し、その先に外部団体主催の大会・競技会に参加できるよう子供たちのレベルアップを一層図っていこうと思っております(そのためには週2回以上の通塾がいいのですが・・・)。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

今週もよろしくお願いいたします。

石戸珠算学園ポータルサイト内にある教室紹介ページも併せてご覧ください。
こちら↓
http://www.ishido-soroban.com/class_detail.html?shop_id=5156

また「いしど式まとめ」サイト

http://matome.ishido-soroban.com/

も是非ご覧ください。

*こちらのサイトもおススメ

https://www.schoolnetwork.jp/index.php
お子さまの将来の学校選びについての情報が満載です!