こんにちは、Kid’sそろばん教室の石母田(いしもだ)です。

きょうは、「かけざん九九練習」のお話です。

幼稚園生や小学1年生は、まだかけざんを学校で習っていません。

そろばん教室では、入門編(ホップ・ステップ・ジャンプ)の3冊目に入ると、
そろばんと一緒にかけざん九九の練習を始めます。

「にーいちがにー、ににんがしー、にさんがろくー・・・」と声を出しながら何回も練習します。

毎日、繰り返しているとだんだんできるようになってきます。

お風呂の中で「にーちがにー・・・」って唱えて練習している生徒もいますよ。

かけざん九九は、正確に「速く」いえることがとても大事です。

 

「速く」言えるにはしっかり定着していないといけないし、
また逆にしっかり定着させるには「速く」言えるように意識して練習することが大事です。

そろばんの練習でも、はじめは正確に珠の動かし方をイメージできるようにゆっくり練習しますが、
しっかりイメージができるようになったら「速く」動かせるようにトレーニングしていきます。

それと同じですね!